店舗トピックス

運動塾のいいところ!

(2015.03.21)


《運動を行う際に必要な3つの要素》

力強さ(大きな力が出せること)・ねばり強さ(スタミナがあること)・動作の習熟(身のこなしが巧であること)

 

幼少期~青年期でのお子様の運動能力向上においては、発達過程に適した

運動や遊びを行う事でよりよい効果が期待できます。
特に神経系においては、4歳~5歳までに80%程度の成長を遂げる為、

幼少期の時期に様々な運動に挑戦させる事はとても効果的です。

アクトスではお子様の成長に合わせた運動を取り入れることでお子様の

運動能力向上をサポートしています。

対象年齢:園児~小学生

 

お客様の声

息子がアクトスの運動能力向上塾に通っています。昨年は初めて運動会で

リレーの選手に選ばれ、息子の自信にもつながっているようです。(38歳 お母様)

 

《どんなことが習得できるの?》

鉄棒を使いながら逆上がりの克服や、マット運動の習得など、苦手を克服する事で

お子様の自信につなげます。

成長期の走力向上に不可欠な要素、「歩幅」・「ピッチ」の改善の為、

バランス感覚改善や足の使い方の改善など、様々な面からアプローチしています。


 
 
《たくさんの種目にチャレンジするのはなぜ?》
 
ひとつの動作を行うには、複数の能力が互いに関連しあう必要があり、
これはスポーツにもあてはまります。
走る動作ひとつにおいても、筋力・リズム・バランスなど様々な能力が
 関連しあう事で、より高いパフォーマンスが発揮できます。
その為、幼少期~児童期において様々な能力を習得することが
 お子様の運動能力向上への近道となり、将来への礎となります。
 
さぁ、アクトスではじめよう!
 
 
 
店舗検索

おさがしの地域をクリックいただくと店舗の詳細情報が表示されます。